FC2ブログ

“ふわっとさん”のまったりライフ

人生は自分磨き★ “のんびり・まったり”ばかりしてはいられません♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

グーグルで嘘の新聞「朝日新聞」


ここまで来たか朝日新聞!

グーグルで「嘘の新聞」と検索すると「もしかして朝日新聞?」 と出るようです。

ここまで来たら、流石の朝日新聞ファンも庇いようがないんじゃないでしょうか?
どういうシステムか分かりませんが、とうとうAIにまで嘘つき新聞と認定されてしまったようです。

かつては日本のトップ新聞だったところですが・・・。
購読者が激減しているにも拘わらず、社説などでは未だに高みから物を言う態度を変えず、無茶な論理を打ち立てて挙句の果てには辻褄が合わなくなるという事も度々です。


もう朝日は廃刊にした方がいいんじゃないでしょうか?
或いは、トップの総入れ替えで立て直すしかないと思います。

何れにしても、その前に「慰安婦の捏造」「南京大虐殺の捏造」「珊瑚の損壊」「モリカケの捏造」など、数々のでっち上げを国民に謝罪し、世界に向けて真実を語る義務があります。

日本と日本国民に計り知れない不利益を与え、未だに反省すらしていない朝日新聞の驕りは許せません。



にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

『お花畑』のせいで、まず日本にミサイル1発

専守防衛とは「やられてからやり返す」という事です。


まさか未だに「ニコニコしていればどこも攻めて来ない」などと思っている「おバカさん」はいませんよね。

つまり有事には、憲法9条をお守りにしている『お花畑の人たち』のせいで、日本(東京?)の数百万人がまず死にます。
その中には『お花畑の人たち』やその家族、或いは友人がいるかも知れませんね。

でも『お花畑の人たち』は、まず日本人が数百万人死んでからじゃないと攻撃してはいけないと言うのですから・・・。


このように、『専守防衛とは 最初から国土・国民を犠牲にした戦略 』であり、これほど残酷で無責任な戦略はないのです。
専守防衛などと馬鹿げたことを言っているのは、世界広しと雖も日本だけです。

先日、安倍総理が国会で「今の憲法では日本は最低でも一発目のミサイルを甘んじて受けなければならない。」と衝撃発言をされました。

ご発言の本意は分かりませんが、野党や公明党のあまりの能天気ぶりに、苛立ちを禁じ得なかったのでしょう。
しかし、この言葉の裏には、 「そんなことは絶対にあってはならない」という安倍総理の強い意志が感じられます。


<追 記>
考えてみたら、その時には「お試しに1発だけ」なんていうことでは済みませんかね。

それに、ドサクサに紛れて中国もミサイルを撃ってくるかも知れません。
何しろ中国は、もう何年も前から日本の人口30万人以上の都市に核ミサイルの照準を合わせているらしいですからね。



にほんブログ村


人気ブログランキングへ

沖縄って、日本なの?中国なの?

沖縄県民は、翁長知事の100%中国寄りとも思われる政治姿勢をどう思っているのでしょうか?

中国に対する翁長知事のそれは、まるで北朝鮮に対する韓国の文在寅大統領のようです。


沖縄県では、毎年首里城で「首里城祭り」が催されます。

そのときに、「北京の皇帝が沖縄王国の王を任命する」という信任状を持った中国の特使を、琉球の役人たちが「三跪九叩頭の礼」で迎えるという儀式が演じられます。

「三跪九叩頭の礼」とは、「三度ひざまずき、その度に三度ずつ頭を地面にこすり付ける」というものですが、これを1時間に4ステージ行うのだそうです。
県民は毎年これを見せられることにより、中国には抗ってはいけないという意識を持たされてしまう。
そして、これを見ていた中国人が「やっぱりここは俺たちの領土だ」と言ったそうです。


また、那覇市には沖縄の玄関口ともいえる場所に、高さ約15mの巨大な2体の「龍柱」が建てられています。
龍は元来、中国皇帝の権力の象徴で「5本爪」が本来のものですが那覇の龍は「4本爪」、これは「我々は中国の臣下である」ということを意味するそうです。
その意味を知ってか知らずか、これは翁長知事が那覇市長時代に計画し着手したものです。

その製作費は、推定原価約4000万円と言われていますが、これをわざわざ中国の福建省に発注し、6億6000万円という大金を支払いました。
その資金源はと言えば、国が沖縄県に当てた交付金であり、つまり国費です。


また以前、沖縄と福建省で友好ビルを作ったときには、完成と同時に沖縄県の関係者はビルから追い出され、ビルは中国側に詐取されてしまい、その額は5億5000万円だったそうです。


沖縄県民がどの程度このような実態を把握しているのか分かりませんが、「沖縄タイムス・琉球新報」の2紙は、共に凄まじい反日報道を行っているようです。

さらに、中国の工作員や南北朝鮮の活動家たちも加わり、何億という資金力を背景に米軍の辺野古移転の妨害や反日活動を行っています。


沖縄では、今年2月に名護市長選挙が行われますが、知らない間に2500人以上の住民票が名護市に移されていることが判明し、その大半が左翼系らしいということです。

このような選挙に向けての戦略的な動きは、残念ながら左翼勢力の方が一枚上手だと言わざるを得ません。

11月には知事選挙も控えているので、一段と危機感が募ります。

美しい沖縄を守るためにも、是が非でも反日・親中勢力から沖縄を守らなければなりません。


余談ですが、昨年暮れに二階氏らが中国を訪問したとき、中国はそれに合わせて到着直前に尖閣で領空侵犯を行いました。
これは、明らかに中国が日本の出方を見るための行動でしょうが、二階氏らは誰一人一言の抗議もしなかったということです。
呆れるしかありませんが、その不甲斐なさには怒りを覚えます。



にほんブログ村


人気ブログランキングへ

禁煙
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。